研究室紹介

 

有馬研究室

shyousai_hp

 

image_arima3

 

 

 

 

海上交通機関を含む海洋システムの安全性・快適性の向上を目指し、旅客船における乗り心地の評価や車いす使用者の安全性等のヒューマンファクターに関する研究と主翼独立制御型水中グライダーの開発を目的とした海中ロボット工学の研究に取り組んでいます。

片山研究室

shyousai_hp
image_katayama3IMG_1499

 

 

 

 

滑走艇や多胴型高速船のコンセプトデザインおよび要求される性能の提案、船舶・海洋構造物の安全性に関する研究に、実際に水槽試験を通して取り組んでいます。実験がメインとなってくる研究室ですがコンピュータシミュレーションによる解析も、負けていません。

 

馬場研究室

 

 

image_baba

 

 

外洋から内湾まで海洋の生物学的な環境をマリンエコシステムとして捉え、これに関する現象の解明から工学的な環境創造までを目的とした研究を行っています。大気の流動や変動によって引き起こされる海洋の物理過程を中心に、これが生物的な環境に与える影響について、水槽実験とコンピュータを用いた計算によって現象を再現し、研究を進めています。

深沢研究室

 

 

fukasawa3

fukasawa1

 

 

 

 

海洋における大規模・複合構造システムでは,構造物の軽量化と大型化によってその剛性が相対的に低くなるため,外力に対する構造応答の影響が無視できなくなり,構造物と流体外力の相互干渉が重要となります。本研究室では,波浪荷重や船体応答の非線形性,スラミングによるホイッピング振動等を考慮した荒天中を航行する船舶の動的構造応答や,流体中におかれた膜構造体のFEMによる大変形解析,渦格子法とFEMとを結合させたヨットのセールの構造流体相関解析など,構造物の挙動を流体外力との相互干渉という観点から研究しています。

山崎研究室

shyousai_hp

 

yamazaki

yamazakiken.pic2

 

 

 

 

世界トップの潜在的資源量を有する黒鉱型海底熱水鉱床、コバルト・リッチ・クラスト、メタンハイドレート等の深海底資源の開発を実現するための研究を行っています。これらの開発手法や開発技術を、海洋新産業の創生・振興に繋げていくためには、環境調和型の開発手法や開発技術が必要です。また、海洋生態系への影響を事前に予測・評価することも重要です。さらに、経済性も考慮しなければなりません。これらを総合した未来を開拓する研究に力を入れています。

新井研究室

 

 

img5907_1海域環境モニタリングや海洋資源開発に関する先端的センシング技術の開発および計測信号から有意な情報を抽出する情報処理アルゴリズムの開発を行っています。

柴原研究室

shyousai_hp

 

aeaahida

dibijbed

 

コンピュータシミュレーションによる船舶・海洋構造物や、自動車車両や橋梁等に代表される溶接構造物を含む構造物全般の構造信頼性解析、各種輸送機器に適用可能な事故時崩壊挙動解析を行っています。ターゲットとして、大規模な構造非線形問題を精度よく解析する手法の開発や設計者・実務者が即座に使える構造非線形解析システムの構築をかかげています。

坪郷研究室

 

 

image_tsubogou

image_tsubogou3

実験が困難な大型船舶・大型浮体式海上空港などのシミュレーションに基づいた設計について研究を行っています。上の写真のようなメガフロートは、埋め立てずに広大な面積がえられるため海上空港などへの利用が考えられており、波浪応答、揺れ、強度、係留など幅広い分野で研究を進める必要があります。

中谷研究室

 

image_okuno

image_kyoudou

 

 

 

天気予報のような「海の環境予報」を行うことを目指し、環境を修復する手法や、環境シミュレーション手法などの研究を行っています。具体的には海水に含まれる物質の濃度分布や広域の流れ場を推定する新しい手法の開発を行い、未知の部分が多い海洋環境を明らかにし、少しでも役立つ環境予報のあり方を目指しています。

二瓶研究室

shyousai_hp