教員紹介

    有馬正和 教授

 shyousai_hp

専門分野:
海洋システム計画学、人間工学、海中ロボット工学

コメント:
「何度やってもうまく測れない・・・。」あれから10年、人体計測技術は着実に進歩してきました。幾多の失敗を乗り越え、成功したときの喜びは何事にも代え難いものです。そして今、ヒューマン・ファクター研究が、新しい流れを作ろうとしています。喜びを共有しませんか。

    片山徹 教授

 shyousai_hp

専門分野:
船舶流体力学、船舶耐航性能、高速艇工学、高速船の性能評価、非線形運動および不安定解析、各種水槽での模型試験

コメント:
海洋における自然と人間活動の調和を基調として、主に海上輸送・海洋開発・海洋レジャーに携わる船舶の安全・運動・耐波性能評価および予測と最適化に関連する調査・研究・教育に励んでいます。

 馬場信弘 教授

専門分野:
海洋環境工学、海洋計算科学、海洋実験科学

コメント:
環境資源問題は人類の存続をかけた最も重大な課題です。次世代にクリーンな地球を残すことが私たちの使命だと考えています。一緒に取り組みませんか?

 山崎哲生 教授

 shyousai_hp

専門分野:
深海底鉱物資源開発技術全般、海洋生態系モデリング、深海底資源開発経済性評価、海洋環境計測

コメント:
世界第60位の国土に、世界第10位の1億2千万人余の日本人が暮らしています。日本の持つ世界第6位の排他的経済水域と大陸棚の資源、機能、空間の利活用が日本の未来のために必要です。また、そこで培われた技術を世界に広めることが、66億人の人類生存のためにも必要です。若い皆さんと一緒に、この海洋フロンティアの利活用にチャレンジしていきます。

 新井励 准教授

専門分野:
海洋環境計測、海洋光学、海洋音響工学、海域環境モニタリング

コメント:
四方を海に囲まれたわが国は、海を空間・資源・エネルギーとして今後ますます利用する必要があります。今後、海をどのように利用するべきなのか?海はどうなっていくのか?これらを考えながら、まずは今、海がどうなっているのか?を理解するために、新たな計測手法の開発に取り組んでいます。誰も測れずに、わからなかった現象を解明する・・・感動です

 柴原正和 准教授

 shyousai_hp

専門分野:
溶接変形、残留応力、溶接割れのコンピュータシミュレーション

コメント:
コンピュータを自由自在に操り、海洋や船舶、宇宙空間における環境や人工構造物のシミュレーションを簡単に行うことができる・・・・・そんな時代がすぐそこまできています。私はそんな時代に迅速に対応できる人材育成を目指しています。海・地球・宇宙のことをよく知り、新しいシミュレーション技術を開発してみませんか?

 坪郷尚 准教授

専門分野:
流体・構造連成問題、流力弾性、浮体式海上空港

コメント:
最近は定常波漂流力の新しい表示やその数値計算法、弛緩係留ブイの運動解析、係留チェーンの海底面を引きずる度合いについて研究しています。

 中谷直樹 教授

専門分野:
海洋環境計測、海域生態系モデリング、環境修復事業の評価、海域環境アセスメント、データ同化手法、外洋域の基礎生産力の推定

コメント:
四方を海に囲まれた日本において、非常に重要な海の環境をみなさんとともに考え、豊かな環境を次世代に残していく方法を提案していきたいと思っています。地道な環境の計測から、将来予測のためのシミュレーション、それらを施策に生かすための手法などを総合的に学び、統合的に考える能力を養っていきましょう。

 二瓶秦範 准教授

 shyousai_hp

専門分野:
海洋利用システム、小型船艇(ヨット等)の性能向上

コメント:
環境と調和しながら海洋を利用するシステムを創造し、海洋の高度利用をデザインしていくことが求められています。またヨットやボートに代表される海洋レジャーを通して海のすばらしさを普及させることも大事な使命だと言えます。根本にある力学を通して一緒に新しいシステムを創造していきましょう。

 岩井久典 助教

専門分野:
腐食物質の機能解明、環境化学、分析化学、藻類学、製鋼スラグを用いた藻場再生に関する基礎研究

コメント:
海と環境と一言にいっても、非常に多くの問題が考えられていて、それぞれに様々なアプローチの仕方があります。私は分析化学を主体に、腐食物質とコンブについて取り組んでいこうと思っています。コンブ配偶体の雌って、成熟するとすごくかわいくなるんですよ。コンブの魅力、少しでもお伝えできれば嬉しいです。浅学菲才な人間ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 生島一樹 助教

専門分野:
船体構造解析、非線形構造解析、数値計算

コメント:
日本の輸出入の大半は船舶によってなされていて、実は生活に大きくかかわっています。そんな船舶の安全性を確保するために、コンピューターを使用して構造物の強度をシミュレーションする研究を行っています。新しいシミュレーション技術や、より安全で高効率な構造について一緒に考えていきましょう。

 韓 助教

 

専門分野:
海洋エネルギー利用および海洋資源開発、海洋開発機器の水槽実験と数値解析、波浪エネルギー回収と乗り心地向上を目指した小型船の開発

コメント:
海の世界は広く、その自然は非常に魅力的です。海と人間が仲良く発展するためには、海に関する知識をまとめて、若い世代に伝える必要があります。また、迅速的発展している科学技術を活用して、海洋調査と開発に関する革新的な研究手段と方法を構築し、海を持続的に利用していく方法を作っていく必要もあります。