研究内容と業績(Research Activity and Publications)

<研究内容および業績>

著書・ソフトウエア Books

卒業論文・修士論文・博士論文Bachelor’s, Master’s & Doctoral Thesis

解説・レポート Report

発表論文 Published Papers
2016~最新 2011~2015 2006~2010 2001~2005 2000年以前

 

著書・ソフトウエア Books

4 Windows版 船舶用CADシステム
池田良穂,片山 徹(監修)
船と港編集室 (2001)
3 ■Mathematical, Physical & Engineering Sciences, Philosophical Transactions of The Royal Society, series A, vol.358, no.1771

Y. Ikeda and T. Katayama

Porpoising Oscillations of Very-High-Speed Marine Craft (収録), (Eds. J.M.T. Thompson et al.), The Royal Institution of Naval Architects, UK, pp.1905-1915 (2000).

2 ■Contemporary Ideas on Ship Stability

Y. Ikeda, H. Okumura and T. Katayama

Stability of a Planing Craft in Turning Motion (収録), (Eds. D. Vassalos et al.), ELSEVIER SCIENCE Ltd, UK (2000).

1 ■Contemporary Ideas on Ship Stability

Y. Ikeda and T. Katayama

Stability of High Speed Craft (収録), (Eds. D. Vassalos et al.), ELSEVIER SCIENCE Ltd, UK (2000).

 

卒業論文・修士論文・博士論文 Bachelor’s, Master’s & Doctoral Thesis

博士論文 高速滑走艇の不安定現象に関する基礎的研究,大阪府立大学博士論文,1998年2月 ,(論文要旨,論文Textのみ,全文)
修士論文 高速船の横揺れ運動性能に関する研究,大阪府立大学,1995年3月
卒業論文 バージ船型の横揺れ減衰力及び新型横揺れ低減装置
高速痩せ型船の横揺れ減衰力について,大阪府立大学,1993年3月

 

解説・レポート Report

1 新世紀を拓く
片山 徹,日本造船学会誌Techno Marine,日本造船学会, 859, pp.14 (2001)

 

発表論文 Published Papers

2019年度

2019-1 An Experimental Study on Characteristics of Rolling in Head Wave for a Vessel with Nonlinear GZ-curve
Toru Katayama, Shugo Miyamoto, Hirotada Hashimoto, Yoshifumi Tai
Contemporary Ideas on Ship Stability -Risk of Capsizing
Editors: Vadim L Belenky, Kostas J. Spyrou, Frans van Walree, Marcelo Almeida Santos Neves, Naoya Umeda,,
Flude Mechanics and Its Applications, Volume 119,
Springer, pp.491-506, January, 2019
2019-2 Some Topics for Estimation of Bilge Keel Component of Roll Damping
Toru Katayama, Yuuki Yoshioka, Takahiro Kakinoki Shugo Miyamoto and Yoshiho Ikeda
Contemporary Ideas on Ship Stability -Risk of Capsizing
Editors: Vadim L Belenky, Kostas J. Spyrou, Frans van Walree, Marcelo Almeida Santos Neves, Naoya Umeda,,
Flude Mechanics and Its Applications, Volume 119,
Springer, pp.131-150, January, 2019
2019-3 姿勢安定装置付きスパーブイの波浪中運動特性
片山徹、山本裕介、森本大嗣、生島一樹、橋本博公、麻生裕司
日本船舶海洋工学会講演会論文集第28号, pp.561-565, 2019.6
2019-4 A perspective on theoretical estimation of stochastic nonlinear rolling
A. Maki, Y. Maruyama, N. Umeda, Y. Miino, T. Katayama, M. Sakai & T.Ueta
Proc. of the 17th International Ship Stability Workshop, Helsinki, Finland, pp.39-46, 2019.6.
2019-5 Study on short-term prediction of roll in beam sea
T. Katayama, M. Kankaku, A. Maki, K. Sugimoto & Y. Fukumoto
Proc. of the 17th International Ship Stability Workshop, Helsinki, Finland, pp.303-308, 2019.6
2019-6 NUMERICAL AND EXPERIMENTAL CALCULATION OF ROLL AMPLITUDE EFFECT ON ROLL DAMPING
Burak Yıldız, Bekir Şener, Ahmet Yurtseven, Toru Katayama
Brodogradnja/Shipbuilding/Open access, Volume 70 Number 2, 2019.6
2019-7 Characteristics of Rolling with Drift in Regular Beam Sea for Small Hard-chine Craft at Rest
Toru Katayama, Mai Kankaku; Atsuo Maki; Mina Adachi; Nobuo Nishiyama
Ocean Engineering
Volume 188, 6 pages, 2019.9
2019-8 Effects of half Breadth to Draught ratio of Hull under Water Surface on Bilge-keel Roll Damping Component
Toru Katayama, Masaki Matsuoka, Toshiya Adachi, Kazuki Ikushima
Ocean Engineering
Volume 188, 8 pages, 2019.9
2019-9 深海域における姿勢安定装置付きスパーブイの運動特性
片山徹、山本裕介、森本大嗣、後藤正洋
日本船舶海洋工学会講演会論文集第29号, pp153-156, 2019.11
2019-10 浅海域用緊張係留式姿勢安定装置付きスパーブイの係留系に関する研究
片山徹、森本大嗣、山本裕介、橋本博公、後藤正洋
日本船舶海洋工学会講演会論文集第29号, pp157-162, 2019.11
2019-11 PCC およびLNGC の横揺れ減衰力特性について
片山徹、高崎義憲、足立俊哉、杉本圭、福本佑輔
日本船舶海洋工学会講演会論文集第29号, pp219-223, 2019.11
2019-12 New Theoretical Estimation Method of Roll Acceleration and Jerk in Beam Seas with Use of PDF Line Integral
Atsuo Maki, Yuuki Maruyama, Toru Katayama, Kei Sugimoto, Naoya Umeda
日本船舶海洋工学会講演会論文集第29号, pp311-315, 2019.11

 

2018年度

2018-1 幅広浅喫水船の横揺れ減衰力に関する研究 ビルジキールへの流入速度の修正
片山徹, 松岡雅紀
日本船舶海洋工学会講演会論文集第26号, pp.489-492, 2018.5
2018-2 小型ハードチャイン艇の横波中横揺れに関する研究
片山徹, 足達美奈
日本船舶海洋工学会講演会論文集第26号, pp493-496, 2018.5
2018-3 Characteristics of Bilge-keel Roll Damping Component for Shallow Draft
Toru Katayama, Masaki Matsuoka, Kazuki Ikushima
Proc. of the 13th International Conference on the Stability of Ships and Ocean Vehicles, Kobe, Japan, pp.350-359, 2018.9
2018-4 Roll Damping Estimation for Small Planing Craft
Toru Katayama, Toshiya Adachi, Tomohisa Sawae
Proc. of the 13th International Conference on the Stability of Ships and Ocean Vehicles, Kobe, Japan, pp.369-378, 2018.9
2018-5 Characteristics of Roll with Drift at Rest in Regular Beam Waves for Small Planing Craft
Toru Katayama, Mina Adachi, Mai Kankaku
Proc. of the 13th International Conference on the Stability of Ships and Ocean Vehicles, Kobe, Japan, pp.404-410, 2018.9
2018-6 Motion Characteristics of a Spar-Buoy with Ring-Fin Motion Stabilizer
Toru Katayama, Yusuke Yamamoto
Proc. of the 13th International Conference on the Stability of Ships and Ocean Vehicles, Kobe, Japan, pp.454-461, 2018.9
2018-7 小型ハードチャイン艇の規則横波中横揺れに関する研究
片山徹, 勘角真依, 牧敦生
日本船舶海洋工学会講演会論文集第27号, pp411-414, 2018.11
2018-8 Some Topics for Estimation of Bilge Keel Component of Roll Damping
Toru Katayama, Yuuki Yoshioka, Takahiro Kakinoki, Shugo Miyamoto and Yoshiho Ikeda
Contemporary Ideas on Ship Stability, Springer, pp.131-150, 2019.1
2018-9 An Experimental Study on Characteristics of Rolling in Head Waves for a Vessel with Nonlinear GZ-curve
Toru Katayama, Shugo Miyamoto, Hirotada Hashimoto and Yoshifumi Tai
Contemporary Ideas on Ship Stability, Springer, pp.491-505, 2019.1

 

2017年度

2017-1 滑走艇の横揺れ減衰力に関する研究
片山徹, 澤江智央
日本船舶海洋工学会講演会論文集第24号, 2017.5
2017-2 波浪中を航走する滑走艇の乗船者の疲労低減を目指した船型に関する基礎研究
片山徹, 勝部誠
日本船舶海洋工学会講演会論文集第24号, 2017.5
2017-3 A Motion Estimation Method of High Speed Craft in Irregular Sea by using Onboard Monitoring Motion Time Series Data for Motion Control
Daisuke Terada, Ryosuke Amano, Toru Katayama
Proc. of the 16th International Ship Stability Workshop, Belgrade, Serbia, pp.233-237, 2017.6
2017-4 Bilge keel–free surface interaction and vortex shedding effect on roll damping
Burak Yildiz, Toru Katayama
Journal of Marine Science and Technology, JASNAOE, Springer, 22, 3, pp.432-446(日本船舶海洋工学会国際英文論文集), 2017.9
2017-5 Numerical and Experimental Prediction of Roll Damping for a High-Speed Planing Hull
Burak Yildiz, Emre Kahramanoglu, Ferdi Cakici, Toru Katayama
Proc. of the 11th Symposium on High Speed Marine Vehicles, Napoles, Italy, 2017.10
2017-6 滑走艇の規則向波中の運動に関する実験的研究
片山徹, 勝部誠
日本船舶海洋工学会講演会論文集25号, pp.251-254, 2017.11
2017-7 幅広浅喫水船の横揺れ減衰力ビルジキール成分に関する研究
片山徹, 松岡雅紀
日本船舶海洋工学会講演会論文集25号, pp.255-259, 2017.11

 

2016年度

2016-1 小型ボートを用いた波浪計算法の検討
片山徹, 足達美奈
日本船舶海洋工学会講演会論文集第22号、pp.69-72, 2016.5
2016-2 航走する滑走艇の横揺れ減衰力鉛直方向揚力成分推定法に関する研究
片山徹、澤江智央
日本船舶海洋工学会講演会論文集第22号、pp.221-224, 2016.5
2016-3 非定常横揺れ時の減衰力に関する研究ビルジキール成分の履歴影響― A Study on Flow-Memory Effects on Roll Damping for Non Periodic Motion-
梅田隼,片山徹
日本船舶海洋工学会論文集第23号, pp.87-94, 2016.6
2016-4 小型高速旅客船の不規則向波中上下加速度に関する研究 An Experimental Study on the Characteristics of Vertical Acceleration on Small High Speed Passenger Craft in Irregular Head Waves
片山徹,天野遼介
日本船舶海洋工学会論文集第23号, pp.65-76, 2016.6
2016-5 Effect of Vortex Shedding and Free Surface Interaction on Roll Damping Due to Large Amplitude Roll Motion
BurakYıldız, Toru Katayama
Proc. of the 14th International Ship Stability Workshop, Stockholm, Sweden, pp.1-9, 2016.6
2016-6 Development of a Motion Simulation for a Spar Buoy with a Ring-Fin Motion Stabilizer
Ryohei Fujimura, Yusuke Yamamoto, Toru Katayama, Hiroshi Asou, Shigenori Komori
Proc. of the 8th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics, Hanoi, Vietnam, pp.92-100 (第8回海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ論文集), 2016.9
2016-7 リングフィン型姿勢安定装置の流体力特性について
片山徹, 山本裕介, 藤村遼平, 麻生裕司, 小森茂典
日本船舶海洋工学会講演会論文集第23号、pp.609-612, 2016.11
2016-8 Bilge keel–free surface interaction and vortex shedding effect on roll damping
Burak Yildiz, Toru Katayama
Journal of Marine Science and Technology, JASNAOE, Springer, pp.1-15(日本船舶海洋工学会国際英文論文集), 2016.12
2016-9 URANS prediction of roll damping for a ship hull section at shallow draft
Burak Yıldız, Ferdi C¸ akıcı, Toru Katayama, Hu¨seyin Yılmaz
Journal of Marine Science and Technology, JASNAOE, Springer, 21, 1, 48-56, (2016)

 

2015年度

2015-1 非定常横揺れ時の横揺れ減衰力ビルジキール成分についての基礎的研究
片山徹, 梅田隼
日本船舶海洋工学会講演会論文集第20号、pp.129-132, 2015.5
2015-2 浅海域用斜めスパーブイの運動性能評価
片山徹, 藤村遼平, 麻生裕司, 小森茂典
日本船舶海洋工学会講演会論文集第20号、pp.165-168, 2015.5
2015-3 An Experimental Study on the Characteristics of Vertical Acceleration on Small High Speed Craft in Head Waves(小型高速艇の向波中船上上下加速度の特性に関する実験的研究)
T.Katayama, R.Amano
Proc. of the 12th International Conference on the Stability of Ships and Ocean Vehicles, pp.587-597(第12回船舶および海洋機器の復原性に関する国際会議論文集), 2015.6
2015-4 A Study on Roll Damping Time Domain Estimation for Non Periodic Motion(非周期的横揺れ時横揺れ減衰力時系列計算法に関する研究)
T.Katayama, J.Umeda
Proc. of the 12th International Conference on the Stability of Ships and Ocean Vehicles (STAB2015)pp.691-700(第12回船舶および海洋機器の復原性に関する国際会議論文集), 2015.6
2015-5 URANS Prediction of Roll Damping for a Ship Hull Section at Shallow Draft
B.Yildiz, F.Cakici, T.Katayama, H.Yilmaz
Journal of Marine Science and Technology, JASNAOE, Springer, pp.1-9(日本船舶海洋工学会国際英文論文集), 2015.7
2015-6 Development of a Motion Stabilizer for a Shallow Sea Area Spar Buoy in Wind, Tidal Current and Waves(浅海域用スパーブイの風・潮流・波浪中姿勢安定装置の開発)
T.Katayama, K.Hashimoto, H.Asou, S.Komori
Journal of Ocean and Wind Energy, Vol.2, No.3, pp.182-192, The International Society of Offshore and Polar Engineers(海洋と風力エネルギーに関する論文集,国際海洋極地工学会), 2015.8

 

2014年度

2014-1 船外機2基掛け艇の性能に関する実験的研究
片山徹, 片山寛之
日本船舶海洋工学会講演会論文集第18号、pp.329-332, 2014.5
2014-2 ラジオコントロール模型を用いた小型ボートの高速旋回時スピン現象に関する研究
片山徹, 大橋隼
日本船舶海洋工学会講演会論文集第18号、pp.339-342, 2014.5
2014-3 津波・水害対応型救命艇の性能試験法に関する基礎的研究
片山徹, 宮本修吾, 梅田隼, 橘潤治, 栗賀信彰
日本船舶海洋工学会講演会論文集第18号、pp.523-526, 2014.5
2014-4 浅海域用スパーブイの動揺低減に関する基礎的研究
片山徹, 橋本和樹, 麻生裕司, 小森茂典
日本船舶海洋工学会講演会論文集第18号、pp.541-544, 2014.5
2014-5 Air Pressure Scale Effects during Damage Model Tests(損傷船舶の浸水実験に及ぼす空気圧縮の縮尺影響について)

G.J.Lee, F.v.Walree, A.M.Reed, A.Peters, P.Gualeni, T.Katayama, W. Duan
Proc. of the 14th International Ship Stability Workshop, Kuala Lumpur, Malaysia pp.105-109(第14回船舶耐航性に関する国際ワークショップ論文集), 2014.9

2014-6 The Inertia Contributions due to Floodwater Mass(浸水による慣性力の影響)
G.J.Lee, A.M.Reed, F.V.Walree, A.Peters, P.Gualeni, T.Katayama, W.Duan
Proc. of the 14th International Ship Stability Workshop, Kuala Lumpur, Malaysia, pp.199-203(第14回船舶耐航性に関する国際ワークショップ論文集), 2014.9
2014-7 Numerical Estimation and Validation of Shallow Draft Effect on Roll Damping(数値計算による横揺れ減衰力の浅喫水影響の調査)
T.Katayama, J.Umeda, B.Yildiz
Proc. of the 14th International Ship Stability Workshop, Kuala Lumpur, Malaysia, pp.204-209(第14回船舶耐航性に関する国際ワークショップ論文集), 2014.9
2014-8 A Study on Spinout Phenomena of Planing Craft in High Speed Turning with Radio Control Small Model(ラジオコントロール模型を用いた滑走艇の高速航走時スピンアウトに関する研究)
T.Katayama, S.Ohashi
Proc. of the 14th International Ship Stability Workshop, Kuala Lumpur, Malaysia, pp.249-253(第14回船舶耐航性に関する国際ワークショップ論文集), 2014.9
2014-9 A Study on Motion Reduction of a Spar Buoy for Shallow Sea Area in Waves and Current(浅海域用スパーブイの風浪中運動低減に関する研究)
T.Katayama, K.Hashimoto, H.Asou, S.Komori
Proc. of the 7th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics, Ocean Technology and Subsea Technology, Vladivostok, Russia, pp.109-114(第7回海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ論文集), 2014.9
2014-10 Numerical Study on Drag Force acting on Flat Plate under Transitional and Irregular Oscillations(数値計算による過渡運動および不規則運動する平板に働く抗力に関する研究)
T.Katayama, J.Umeda
Proc. of the 2nd International Symposium on Naval Architecture and Maritime, Istanbul, Turkey, pp.373-382(第2回船舶・海事国際シンポジウム論文集), 2014.10
2014-11 浅喫水断面での横揺れ減衰力ビルジキール成分についての基礎的研究
梅田隼, 片山徹
日本船舶海洋工学会講演会論文集第19号、pp.   , 2014.11
2014-12 浅海域用スパーブイの風・潮流・波浪中姿勢安定装置の開発
橋本和樹、片山徹
日本船舶海洋工学会講演会論文集第19号、pp.   , 2014.11

 

2013年度

2013-1 A Study on the Characteristics of Self-propulsion Factors of Planing Craft with Outboard Engine(船外機付き滑走艇の自航要素の特性に関する研究)
T. Katayama, Y. Nishihara, T. Sato
Transactions 2012, The Society of Naval Architects and Marine Engineers, pp.133-145(米国造船造機学会会報), 2013.8
2013-2 A Study on Roll Damping Estimation for Non Periodic Motion(非周期動揺時の横揺れ減衰力に関する研究)
T.Katayama, J.Umeda, H.Hashimoto, B.Yildiz
Proc. of the 13rd International Ship Stability Workshop, Brittany, Francs, pp.44-49(第13回船舶耐航性に関する国際ワークショップ論文集), 2013.9
2013-3 高速滑走艇の波浪中運動特性に関する基礎的研究
片山徹, 井上智裕
日本船舶海洋工学会講演会論文集第17号、pp.265-268, 2013.11

 

2012年度

2012-1 既存の実艇および模型試験データを援用した任意の船外機付き滑走艇の馬力推定法の検討
片山徹, 片山寛之, 西原祥貴
日本船舶海洋工学会講演会論文集第14号、pp.379-382, 2012.5
2012-2 船外機付き滑走艇の自航影響に関する実験的研究
片山徹, 西原祥貴, 佐藤卓弥
日本船舶海洋工学会論文集,第15号,pp.1-9, 2012.6
2012-3 非線形な復原力曲線を持つ船舶の向波中横揺れ特性に関する基礎的研究
片山徹, 宮本修吾, 橋本博公, 田井祥史
日本船舶海洋工学会論文集,第15号,pp.11-20, 2012.6
2012-4 Development of Propulsive Performance Estimation Method for high-Speed Planing Craft with Outboard Engine(船外機付き高速艇の推進性能推定法の開発)
T.Katayama, Y.Nishihara, T.Sato
Proc. of the 11th International Marine Design Conference, Glasgow, Scotland, Vol.3, pp.71-81(第11回船舶・海洋システム設計に関する国際会議論文集), 2012.6
2012-5 A Study on Characteristics of Rolling in Head Waves of a Vessel with Strong Nonlinear GZ-curve(非線形な復原力曲線を持つ船舶の向波中横揺れ特性に関する実験的研究)
T.Katayama, S.Miyamoto, H.Hashimoto, Y.Tai
Proc. of the 11th International Conference on the Stability of Ships and Ocean Vehicles, Athens, Greeks, pp.281-290(第11回船舶および海洋機器の復原性に関する国際会議論文集), 2012.9
2012-6 A25.  A Study on Simplified BHP Estimation Method for Planing Craft with Outboard Engine(船外機付き滑走艇のBHP簡易推定法に関する研究)
H.Katayama, T.Katayama
Proc. of the 6th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics, Johor, Malaysia, pp.465-468(第6回海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ論文集), 2012.9
2012-7 高速滑走艇の性能把握のための水槽試験システムの開発
片山徹, 池田良穂
日本船舶海洋工学会講演会論文集第15号、pp.73-76, 2012.11
2012-8 小型模型を用いた高速滑走艇の自由航走試験システムの開発
片山徹, 橋本翼
日本船舶海洋工学会講演会論文集第15号、pp.187-190, 2012.11
2012-9 POD 推進器船の舵力および推力解析モデルの検討
片山徹, 梅田隼
日本船舶海洋工学会講演会論文集第15号、pp.213-216, 2012.11

 

2011年度

2011-1 Parametric Roll Resonance of a Large Passenger Ship in Dead Ship Condition in All Heading Angles(大型客船の波浪中操船不能状態でのパラメトリック横揺れに関する研究)
A.Munif, Y.Ikeda, T.Fujiwara, T.Katayama
Contemporary Ideas on Ship Stability and Capsizing in Waves (Fluid Mechanics and Its Applications, Vol.97), Springer, pp.331-346(船舶の波浪中復原性に関する現代的アイデアに関する論文集), 2011.6
2011-2 A Study on the Characteristics of Roll Damping of Multi-hull Vessels(多胴船の横揺れ減衰力の特性に関する研究)
T.Katayama, M.Kotaki, Y.Ikeda
Contemporary Ideas on Ship Stability and Capsizing in Waves (Fluid Mechanics and Its Applications, Vol.97), Springer, pp.487-500(船舶の波浪中復原性に関する現代的アイデアに関する論文集), 2011.6
2011-3 Experimental and Numerical Studies on Roll Motion of a Damaged Large Passenger Ship in Intermediate Stages of Flooding(損傷船舶の浸水中間段階での横揺れに関する数値計算に基づく研究)
Y.Ikeda, S.Ishida, T.Katayama, Y.Takeuchi
Contemporary Ideas on Ship Stability and Capsizing in Waves (Fluid Mechanics and Its Applications, Vol.97), Springer, pp.633-642(船舶の波浪中復原性に関する現代的アイデアに関する論文集), 2011.6
2011-4 Experimental Investigation on Capsizing and Sinking of a Cruising Yacht in Wind(クルーザーヨットの風による転覆・沈没に関する実験的研究)
N.Umeda, M.Hori, K.Aoki, T.Katayama, Y.Ikeda
Contemporary Ideas on Ship Stability and Capsizing in Waves (Fluid Mechanics and Its Applications, Vol.97), Springer, pp.841-854(船舶の波浪中復原性に関する現代的アイデアに関する論文集), 2011.6
2011-5 A Study on Estimation Method of Bilge-Keel Component of Roll Damping for Time Domain Simulation(時系列シミュレーションのための横揺れ減衰力のビルジキール成分推定法に関する研究)
T.Katayama, Y.Yoshioka, T.Kakinoki, S.Miyamoto
Proc. of the 12th International Ship Stability Workshop, Washington DC, USA, pp.309-316(第12回船舶耐航性に関する国際ワークショップ論文集), 2011.6
2011-6 Tank Tests to Estimate Onset of Dynamic Instabilities of High-Speed Planing Craft(高速滑走艇の不安定現象発生予測水槽試験)
T.Katayama, T.Taniguchi, K.Habara
Transactions 2010, The Society of Naval Architects and Marine Engineers, pp.106-121(米国造船造機学会会報), 2011.8
2011-7 An Experimental Study on Instability of a Super High-speed Planing Craft with Outboard Engine at Straight Running(船外機付き超高速滑走艇の直進時不安定現象に関する実験的研究)
T.Katayama, K.Habara
Proc. of the 11th International Conference on Fast Sea Transportation, Honolulu, USA, pp.850-856(第11回高速海上輸送に関する国際会議論文集), 2011.9
2011-8 船外機付き滑走艇の自航影響に関する実験的研究
片山徹, 西原祥貴, 佐藤卓弥
日本船舶海洋工学会講演会論文集第13号、pp.425-428, 2011.11
2011-9 非線形な復原力曲線を持つ船舶向波中横揺れ運動特性に関する実験的研究
片山徹, 宮本修吾, 大橋岳尋, 田井祥史
日本船舶海洋工学会講演会論文集第13号、pp.433-436, 2011.11
2011-10 非定常横揺れ減衰力に関する実験的研究 -ビルジキール成分の逐次計算法-
片山徹, 柿木隆宏
日本船舶海洋工学会講演会論文集第13号、pp.437-440, 2011.11
2011-12 浅喫水船の波浪中復原性に関する基礎的研究-復原力の非線形性とウェザークライテリオン-
田井祥史D, 大橋岳尋, 片山徹, 池田良穂
日本船舶海洋工学会論文集,第14号,pp.47-54, 2011.12
2011-13 過渡的および非周期的振動時に平板に働く抗力に関する実験的調査
片山徹, 吉岡祐貴, 柿木隆宏, 池田良穂
日本船舶海洋工学会論文集,第14号,pp.55-62, 2011.12

 

2010年度

2010-1 高速双胴船の波浪中運動性能の実用的推定法に関する研究
前川和也, 二瓶泰範, 片山徹, 池田良穂
日本船舶海洋工学会論文集,第11号,pp.73-79, 2010.6
2010-2 Some Topics for Estimation of Bilge-Keel Component of Roll Damping(横揺れ減衰力のビルジキール成分推定に関するトピックス)
T.Katayama, Y.Yoshioka, T.Kakinoki, Y.Ikeda
Proc. of the 11th International Ship Stability Workshop, Wageningen, Netherlands pp.225-230(第11回船舶耐航性に関する国際ワークショップ論文集), 2010.6
2010-3 Development of Estimation Method of Fuel Consumption Performance in Lifetime for High-speed Craft with Outboard Engine(船外機付き高速艇の生涯燃費推定法の開発)
Y.Nishihara, T.Katayama
Proc. of the 5th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodymics, pp.54-57(第5回海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ論文集), 2010.7
2010-4 Development of a Prediction Method of Bilge-Keel Roll Damping Component for Shallow Draft(浅喫水船の横揺れ減衰力のビルジキール成分推定法の開発)
T.Kakinoki, T.Katayama
Proc. of the 5th Asia-Pacific workshop on Marine Hydrodynamics, Osaka, Japan, pp.139-142(第5回海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ論文集), 2010.7
2010-5 An Experimental Study on the Characteristics of Bilge Keel Component of Roll Damping under Transitional and Non-Periodic Rolling(過渡運動および非周期運動時横揺れ減衰力のビルジキール成分の特性に関する実験的研究)
Y.Yoshioka, T.Katayama
Proc. of the 5th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynaics, Osaka, Japan, pp.143-148(第5回海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ論文集), 2010.7
2010-6 A Study on a Maneuvering Instability of Super High-speed Planing Craft with Outboard Engine(船外機付き滑走艇の操縦不安定性に関する研究)
K.Habara, T.Katayama
Proc. of the 5th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodymics, Osaka, Japan, pp.153-158(第5回海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ論文集), 2010.7
2010-7 Development of Porpoising Simulation Method for Real Scaled High Speed Planing Craft with Outboard Engine(船外機付き滑走艇の実艇のポーポイジングシミュレーション法の開発)
T.Taniguchi, T.Katayama
Proc. of the 5th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodymics, Osaka, Japan pp.195-200(第5回海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ論文集), 2010.7
2010-8 幅広浅喫水船型の非損傷時復原性の特性について
田井祥文, 片山徹, 大橋岳尋, 池田良穂
日本船舶海洋工学会講演会論文集第11号、pp.397-400, 2010.11
2010-9 船外機付き滑走艇のポーポイジングシミュレーション法の構築
片山徹, 谷口友基, 佐藤卓弥
日本船舶海洋工学会論文集,第12号,pp.51-59, 2010.12

 

2009年度

2009-1 次世代型商船の開発に関する研究(1-強風下における最新型PCCの抵抗増加に関する研究-
桃木勉, 藤原英雄, 片山徹, 池田良穂
日本船舶海洋工学会講演会論文集第8号、pp.239-242, 2009.5
2009-2 漂流ブイの上下揺れに及ぼす粘性流体力の影響
片山徹, 樋口誉英, 桃木勉, 多羅尾保允, 麻生裕司
日本船舶海洋工学会論文集,第9号,pp.107-113, 2009.6
2009-3 底びき網漁船の横揺れ推定法に関する研究
片山徹, 甲滝昌功, 勝井辰博, 松田秋彦
日本船舶海洋工学会論文集,第9号,pp.115-125, 2009.6
2009-4 A Study on Wind Pressure Characteristics of Ships with Large Superstructures(大きな上部構造物に作用する風圧力の特性に関する研究)
T.Momoki, S.Onishi, T.Katayama, Y.Ikeda
Proc. of the 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, Osaka, Japan, pp. 563-569 (第19回国際海洋極地工学会議論文集), 2009-6
2009-5 An Experimental Study on Viscous Effects on Heave Motion of Drifting Buoy(漂流ブイの上下揺れに与える粘性影響についての実験的調査)
T.Katayama, Y.Tarao, T.Momoki, Y.Aso
Proc. of the 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, Osaka, Japan, pp. 632-637 (第19回国際海洋極地工学会議論文集), 2009.6
2009-6 An Experimental Study on Parametric Rolling of a High Speed Trimaran in Head Sea(高速三胴船のパラメトリック横揺れに関する実験的研究)
T.Katayama, T.Taniguchi, N.Umeda
Proc. of the 10th International Conference on Stability of Ships and Ocean Vehicles, St. Petersburg, Russia, pp.541-548(第10回船舶および海洋機器の復原性に関する国際会議論文集), 2009.6
2009-7 Development of Maneuvering Simulation Method for High Speed Craft using Hydrodynamic Forces Obtained from Model Tests(水槽試験データを用いた高速艇の操縦運動シミュレーション法の開発)
T.Katayama, T.Taniguchi, H.Fujii, Y.Ikeda
Proc. of the 10th International Conference on Fast Sea Transportation, Athens, Greece, pp.477-489(第10回高速海上輸送に関する国際会議論文集), 2009.10
2009-8 追波、斜め追波中におけるトリマランの動的挙動:第二報
梅田直哉, 天野峻介, 荒木元輝, 片山徹
日本船舶海洋工学会講演会論文集第9K号、pp.101-104, 2009.11
2009-9 高速三胴船の向波中パラメトリック横揺れに関する実験的研究
片山徹, 谷口友基, 梅田直哉
日本船舶海洋工学会論文集,第10号,pp.57-63. 2009.12

 

2008年度

2008-1 チャインドライ航走時の滑走艇の浸水面形状と船底圧力分布の数値解析
勝井辰曜, 片山徹, 望月健司
日本船舶海洋工学会講演会論文集第6号、pp.167-168, 2008.5
2008-2 超高速域における滑走艇に作用する流体力に関する基礎的研究
片山徹, 重松康平
日本船舶海洋工学会講演会論文集第6号、pp.169-172, 2008.5
2008-3 高速多胴船の横揺れ減衰力に関する基礎的研究
片山徹, 谷口友基
日本船舶海洋工学会講演会論文集第6号、pp.229-232, 2008.5
2008-4 荒天中操業する漁船の安全性評価に関する基礎的研究
片山徹, 甲滝昌功, 多羅尾保允, 松田秋彦
日本船舶海洋工学会講演会論文集第6号、pp.241-244, 2008.5
2008-5 A Study on the Safety of Fishing Vessels in Operation at Extreme Rough Sea(荒天中操船時漁船の安全性に関する研究)
T.Katayama, T.Katsui, A.Matsuda
Proc. of the 3rd Pan Asian Association of Maritime Engineering Societies and Advanced Maritime Engineering Conference, Chiba, Japan, pp.169-175(第3回汎アジア海事工学会および先進海洋技術会議論文集), 2008.10
2008-6 Numerical Investigation on Running Attitude of Planing Craft(数値計算による滑走艇の航走姿勢に関する研究)
T.Katsui, T.Katayama, K.Mochizuki
Proc. of the 3rd Pan Asian Association of Maritime Engineering Societies and Advanced Maritime Engineering Conference, Chiba, Makuhari, Japan, pp.501-506(第3回汎アジア海事工学会および先進海洋技術会議論文集), 2008.10
2008-7 理科教育・ものづくり教育に対する大阪府立大学の取り組み 一青少年サマーセミナー17 年のあゆみ一
大塚耕司, 片山徹
日本船舶海洋工学会講演会論文集第7K号、pp.9-12, 2008.11
2008-8 PCC に働く風圧力特性に関する研究
桃木勉, 大西星輝, 池田良穂, 片山徹
日本船舶海洋工学会講演会論文集第7K号、pp.53-56, 2008.11
2008-9 B13. 高速多胴船の横揺れ減衰力に関する基礎的研究
片山徹, 谷口友基
日本船舶海洋工学会論文集,第8号,pp.147-154, 2008.12

 

2007年度

2007-1 多胴船の性能に関する一考察 一横揺れ減衰力および操縦流体力の実験的調査一
片山徹, 藤本将史, 甲滝昌功
日本船舶海洋工学会講演会論文集第4号、pp.33-36, 2007.5
2007-2 船体・船外機統合型推進性能評価手法の構築
片山徹, 金子武史, 掘由司, 池田良穂
日本船舶海洋工学会講演会論文集第4号、pp.317-320, 2007.5
2007-3 船体・船外機統合型推進性能評価手法の構築
片山徹, 金子武史, 堀由司
日本船舶海洋工学会論文集,第5号,pp.195-203, 2007.6
2007-4 横波中大振幅パラメトリック横揺れに及ぼす上下揺れの影響
池田良穂, 片山徹, 藤原智
日本船舶海洋工学会講演会論文集第5E号、pp.43-46, 2007.11
2007-5 多胴船の横揺れ減衰力に関する実験的研究
片山徹, 甲滝昌功, 谷口友基
日本船舶海洋工学会講演会論文集第5K号、pp.9-12, 2007.11
2007-6 実用型滑走艇の航走シミュレーション
勝井辰博, 片山徹
日本船舶海洋工学会講演会論文集第5K号、pp.107-108, 2007.11
2007-7 漂流ブイに慟く粘性流体力に関する実験的研究
片山徹, 樋口誉英, 麻生裕司
日本船舶海洋工学会講演会論文集第5K号、pp.123-126, 2007.11
2007-8 A Study on Transverse Stability Loss of Planing Craft at Super High Forward Speed(超高速で航走する滑走艇の横不安定性に関する研究)
T. Katayama, M.Fujimoto, Y. Ikeda
International Shipbuilding Progress(国際造船技術技報), Vol.54, No.4, pp.365–377, 2007.12
2007-9 Prediction Methods for Parametric Rolling under Drifting Condition and Their Validation – Final Report of SCAPE Committee (part 3) –(漂流時パラメトリック横揺れ推定法とその検証)
Y.Ikeda, T.Katayama, T.Fujiwara, A.Munif
Proc. of the 6th Osaka Colloquium on Seakeeping and Stability of Ships, Osaka, Japan, pp.277-283(第6回大阪コロキウム), 2008.3
2007-10 A Study on Viscous Effects of Roll Damping of a High-Speed Catamaran and a High-Speed Trimaran(高速双胴船と三胴船の横揺れ減衰力の粘性影響に関する研究)
T.Katayama, T.Taniguchi, M.Kotaki
Proc. of the 6th Osaka Colloquium on Seakeeping and Stability of Ships, Osaka, Japan, pp.317-322(第6回大阪コロキウム論文集), 2008.3
2007-11 A Study on Directional Instability of High-Speed Planing Hull Based on Simulation(数値計算による高速滑走艇の針路不安定性に関する研究)
T.Katayama, M.Fujimoto
Proc. of the 6th Osaka Colloquium on Seakeeping and Stability of Ships, Osaka, Japan, pp.421-426(第6回大阪コロキウム論文集), 2008.3

 

2006年度

2006-1 滑走艇の操縦運動時の航走姿勢が旋回運動に与える影響について
木本亮, 片山徹, 飯田隆, 池田良穂
日本船舶海洋工学会講演会論文集第2W号、pp.67-70, 2006.5
2006-2 大型旅客船の航行不能時における安全性に関する実験的研究
池田良穂, 片山徹, 藤原智
日本船舶海洋工学会講演会論文集第2K号、pp.9-12, 2006.5
2006-3 Large Parametric Rolling of a Large Passenger Ship in Beam Seas and the Role of Bilge Keel in Its Restraint(横波中での大型客船のパラメトリック横揺れとその減揺に対するビルジキールの効果)

Y. Ikeda, A.Munif, T. Katayama, T. Fujiwara
Journal of The Brazilian Society of Marine Engineering, Marine Systems & Ocean Technology, Vol.2, pp.33-37(海洋システム&海洋工学,ブラジル海洋工学会論文集), 2006.6

2006-4 Studies on Severe Parametric Roll Resonance of Modern Ships with Buttock-flow Hull Shape in Dead Ship Condition(船尾バトックフロー船の操船不能時大振幅パラメトリック横揺れ発生に関する研究)
T.Fujiwara, A.Munif, T.Katayama, Y.Ikeda
Proc. of the 3rd Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics, Shanghai, China, pp.82-86(第3回,海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ論文集), 2006.6
2006-5 滑走艇の超高速航走時に作用する揚力により発生する横不安定現象に関する研究-不安定現象の発生メカニズムと推定法-
片山徹, 藤本将史, 池田良穂
日本船舶海洋工学会論文集,第3号,pp.215-223, 2006.9
2006-6 On Maneuverability of Semi-Displacement Craft in Astern Seas(半滑走艇の追波中操縦性能について)
E.Armaoglu, Z.Ayaz, T.Katayama, D.Vassalos
Proc. of the 9th International Conference on Stability of Ships and Marine Vehicles, Rio de Janeiro, Brazil, pp.383-394(第9回船舶および海洋機器の復原性に関する国際会議論文集), 2006.9
2006-7 Effects of Change in Running Attitude on Turning Diameter of Planing Craft(滑走艇の航走姿勢が操縦性能に与える影響)
T.Katayama, T.Iida, Y.Ikeda
Proc. of the 2nd Pan Asian Association of Maritime Engineering Societies and Advanced Maritime Engineering Conference, Jeju Island, Korea, pp.177-183(第2回汎アジア海事工学会および先進海洋技術会議論文集), 2006.10
2006-8 横波中パラメトリック横揺れに及ぼす横揺れ減衰力の影響
藤原智, 片山徹, 池田良穂
日本船舶海洋工学会講演会論文集第3号、pp.193-196, 2006.11
2006-9 浮遊物に衝突着水する全没翼式高速艇に働く上下加速度に関する実験的検討
小浦拓也, 片山徹, 池田良穂
日本船舶海洋工学会講演会論文集第3号、pp.249-252, 2006.11

 

2005年度

2005-1 損傷船舶の浸水時安全性評価模型実験法に関する一考察
片山徹, 武内祐二, 池田良穂
日本船舶海洋工学会論文集,第1号,pp.137-144, 2005.6
2005-2 Effects of Running Attitude on Maneuvering Hydrodynamic Forces for Planing Craft(航走姿勢が操縦流体力に及ぼす影響について)
T.Katayama, R.Kimoto, Y.Ikeda
Proc. of the 8th International Conference on Fast Sea Transportation, St.Petersburg, Russia, pp.1-8(第8回高速海上輸送に関する国際会議論文集), 2005.6
2005-3 An Experimental Study of Fundamental Characteristics of Inflow Velocity from Damaged Opening(損傷破口からの浸水速度の基本的特性に関する実験的研究)
T.Katayama, Y.Ikeda
Proc. of the 8th International Ship Stability Workshop, Istanbul, Turkey, pp.1-6(第8回船舶耐航性に関する国際ワークショップ論文集), 2005.10
2005-4 Development of Experimental Performance Estimation-Methods for High-Speed Planing Hulls(実験に基づく高速滑走艇の性能推定法の開発)
T.Katayama, Y.Ikeda
Proc. of the 5th International Forum on Aluminum Ships, Tokyo, Japan, pp.55-60(第5回国際アルミ船フォーラム論文集), 2005.11
2005-5 巨大客船の横波中パラメトリック横揺れに関する実験的研究
池田良穂, 片山徹, Abdul Munips, 藤原智
日本船舶海洋工学会講演会論文集第1号、pp.91-94, 2005.11
2005-6 Numerical Prediction of Parametric Rolling of a Large Passenger Ship in Beam Seas
A. Munif, T. Katayama, Y. Ikeda

日本船舶海洋工学会講演会論文集第1号、pp.95-98, 2005.11
2005-7 巨大客船の横波中パラメトリック横揺れに関する実験的研究
池田良穂, 片山徹, A. Munif, 藤原智
日本船舶海洋工学会論文集,第2号,pp.279-286, 2006.1

 

2004年度

2004-1 Roll Damping Characteristics of Fishing Boats with and without Drift Motion (漁船の漂流速度の有無による横揺れ減衰力の特性)
B. Ali, T. Katayama, Y. Ikeda
International Shipbuilding Progress, Vol.51, No.2/3, pp.237-250 (国際造船技術技報), 2004.4
2004-2 Effects of Running Attitude on Hydrodynamic Forces for Oblique Towed Planing Craft(斜航時滑走艇に働く流体力の航走姿勢影響について)
R.Kimoto, T.Katayama, Y.Ikeda
Proc. of the 2nd Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics, Busan, Korea, pp.106-113(第2回海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ論文集), 2004.6
2004-3 A Study on Performance of a Hydrofoil Assisted High-Speed Planing Mono-hull(水中翼付き高速滑走艇の性能に関する研究)
K.Suzuki, T.Katayama, Y.Ikeda
Proc. of the 2nd Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics, Busan, Korea, pp.164-171 (第2回海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ論文集), 2004.6
2004-4 Mechanism of Porpoising Instabilities for High-Speed Planing Craft(高速滑走艇のポーポイジング不安定現象の発生メカニズム)
T. Katayama
Proc. of the 6th Pacific Asia Offshore Mechanics Symposium, Vladivostok, Russia (第6回アジア太平洋海洋機器シンポジウム論文集CD), 2004.9
2004-5 Experimental Studies on Transient Motion of a Damaged Large Passenger Ship(損傷時大型旅客船の浸水中間段階における運動に関する実験的研究)
Y.Ikeda, S.Ishida, T.Katayama, Y.Takeuchi
Proc. of the 1st MARIN-NMRI Workshop, Tokyo, Japan, pp.46-49(第1回オランダ海事研究所-海上技術安全研究所ワークショップ論文集), 2004.10
2004-6 Simulation of Time-to-Flood of a Damaged Large Passenger Ship(損傷大型旅客船の浸水シミュレーション)
S.Ishida, Y.Ikeda, T.Katayama, Y.Takeuchi
Proc. of the 1st MARIN-NMRI Workshop, Tokyo, Japan, pp.50-53(第1回オランダ海事研究所-海上技術安全研究所ワークショップ論文集), 2004.10
2004-7 滑走艇の斜航流体力に及ぼす航走姿勢影響について
片山徹, 木本亮, 飯田隆, 池田良穂
関西造船協会論文集,第243号,pp.15-22, 2005.3
2004-8 巨大客船の損傷時浸水中間段階における挙動に関する実験的研究
片山徹, 武内祐二, 池田良穂
関西造船協会論文集,第243号,pp.23-30, 2005.3

 

2003年度

2003-1 Reduction of Inclination and Vortex-Induced-Oscillation of a Spar Buoy in Rapid Current (急潮流中に置かれたスパーブイの定傾斜および渦励振軽減法について)
Y.Ikeda, T.Katayama, T.Enomoto
Proc. of the 13th International Offshore and Polar Engineering Conference, Hawaii, USA, Vol.1, pp.248-255 (第13回国際海洋極地工学会議論文集), 2003.5
2003-2 Drift Induced Large Roll Motion of a Ship in Heavy Beam Seas (荒天中を漂流する船舶に誘起される大振幅横揺れについて)
T. Kuroda, T. Katayama, R. Shigehiro, T. Ikebuchi, Y. Ikeda
Proc. of the 13th International Offshore and Polar Engineering Conference, Hawaii, USA, Vol.3, pp.524-531(第13回国際海洋極地工学会議論文集), 2003.5
2003-3 船舶に働く横漂流抵抗に関する実験的研究
中塚智也, 片山徹
関西造船協会論文集,第240号,pp.129-135, 2003.9
2003-4 Criteria of Bow-Diving Phenomena for Planing Craft(滑走艇のバウダイビング発生限界)
T.Katayama, K.Tamura, Y.Iked
Proc. of the 8th International Conference on Stability of Ships and Marine Vehicles, Madrid, Spain, pp.531-538 (第8回船舶および海洋機器の復原性に関する国際会議論文集), 2003.9
2003-5 A New Ship Motion Control System for High-Speed Craft(高速船の新運動制御システム)
T.Katayama, K.Suzuki, Y.Ikeda
Proc. of the 7th International Conference on Fast Sea Transportation, Naples, Italy, Vol.3, pp.17-24(第7回高速海上輸送に関する国際会議論文集), 2003.10

 

2002年度

2002-1 超小型模型を用いた高速滑走艇の抵抗試験法
林田滋D, 池田良穂, 片山徹, 鈴木宏始
日本造船学会論文集,第191号,pp.1-7, 2002.5
2002-2 船舶の大振幅運動時の非線形特性に関する研究(第1報)―大波高横波中における船体運動の非線形性―
黒田貴子D, 池田良穂, 片山徹, 重廣律男
日本造船学会論文集,第191号,pp.97-103, 2002.5
2002-3 Development of Resistance Test for High-Speed Planing Craft Using Very Small Model-Scale Effects on Drag Force-(小型模型を用いた高速滑走艇の抵抗試験法の開発-抵抗の尺度影響-)
T.Katayama, S.Hayashita, K.Suzuki, Y.Ikeda
Proc. of the 1st Asia Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics, Kobe, Japan, pp.7-14 (第1回海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ論文集), 2002.5
2002-4 An Experimental Study on Seakeeping Performance of Philippine Outrigger Craft(フィリピンの伝統的三胴型船舶の耐航性能に関する実験的研究)
R.Shigehiro, T.Kuroda, G.D.Aguilar, T.Katayama
Proc. of the 1st Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics, Kobe, Japan, pp.204-209(第1回海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ論文集), 2002.5
2002-5 超小型模型を用いた高速艇の抵抗試験法の開発-抵抗の縮尺影響-
片山徹, 林田滋D, 鈴木宏始, 池田良穂
関西造船協会論文集,第238号,pp.39-47, 2002.9
2002-6 Characteristics of Seakeeping Performance of Philippine Outrigger Craft(フィリピンの伝統的三胴型船舶の耐航性能に関する実験的研究)
R.Shigehiro, T.Kuroda, G.D.Aguilar, T.Katayama
関西造船協会論文集,第238号,pp.103-111, 2002.9
2002-7 Experimental Techniques to Assess Dynamic Instability of High-Speed Planing Craft – Non-zero Heel, Bow-Diving, Porpoising and Transverse Porpoising –(高速滑走艇の動的不安定性の評価に関する実験的手法-定常横傾斜,バウダイビング,ポーポイジング,横ポーポイジング-)
T. Katayama
Proc. of the 6th International Ship Stability Workshop, New York, USA, pp.1-9 (第6回船舶耐航性に関する国際ワークショップ論文集), 2002.10
2002-8 滑走艇のバウダイビングに関する基礎的研究-バウダイビング発生の判定法-
片山徹, 田村健太郎, 池田良穂
関西造船協会論文集,第239号,pp.87-94, 2003.3
2002-9 Experimental Study on Seakeeping Performance of Philippine Outrugger Craft
T.Kuroda, R.Shigehiro, G.D.Aguilar, T.Katayama
Journal of Philippine University, 2002

 

2001年度

2001-1 滑走艇の斜航時横ポーポイジングに関する基礎的研究(第1報)-横ポーポイジングの計測と発生メカニズム-
片山徹, 手島晃, 池田良穂
関西造船協会誌,第236号,pp.181-190, 2001.9
2001-2 Japanese Research Activities on Damage Stability of a Ship to Support International and Domestic Regulatory Works(国際・国内法規作成を支援するための日本における船舶の損傷時復原性研究の現状)
Y.Ikeda, T.Katayama
Proc. of Euro Conference on Passenger Ship Design, Operation & Safety, Crete, Greece, pp.309-314 (客船の設計,運航,安全に関する欧州会議論文集), 2001.10
2001-3 滑走艇の斜航時横ポーポイジングに関する基礎的研究(第2報)-横ポーポイジングのシミュレーション-
片山徹, 手島晃, 池田良穂
関西造船協会論文集,第237号,pp.149-154 , 2002.3
2001-4 超高速で航走する滑走艇の正面規則波中運動特性-前後揺れが上下揺れおよび縦揺れに及ぼす影響について-.
片山徹, 池田良穂
関西造船協会論文集,第237号,pp.141-148, 2002.3

 

2000年度

2000-1 Longitudinal Motion of a Super High-Speed Planing Craft in Regular Head Waves(超高速滑走艇の正面規則波中縦運動)
T.Katayama, T.Hinami, Y.Ikeda
Proc. of the 4th Osaka Colloquium on Seakeeping Performance of Ships, Osaka, Japan, pp.214-220 (第4回船舶耐航性能に関する大阪コロキウム論文集), 2000.10
2000-2 Characteristics of Hydrodynamic Derivatives in Maneuvering Equations for Super High-Speed Planing Hulls(高速滑走艇の操縦微係数の特性に関する研究)
Y.Ikeda, T.Katayama, H.Okumura
Proc. of the 10th International Offshore and Polar Engineering Conference, Seattle, USA, Vol.4, pp.434-444(第10回国際海洋極地工学会議論文集), 2000.5
2000-3 Stability of High Speed Craft(高速滑走艇の復原性について)
Y.Ikeda, T.Katayama
Contemporary Ideas on Ship Stability, Elsevier, pp.401-409(船舶の復原性に関する現代的アイデアに関する論文集), 2000.8
2000-4 Stability of a Planing Craft in Turning Motion(滑走艇の旋回時復原性について)
Y.Ikeda, H.Okumura, T.Katayama
Contemporary Ideas on Ship Stability, Elsevier, pp.449-459(船舶の復原性に関する現代的アイデアに関する論文集), 2000.8
2000-5 浸水中間段階における船舶の損傷時復原性に関する研究
馬勇康, 片山徹, 池田良穂
関西造船協会誌,第234号,pp.179-186, 2000.9
2000-6 トリムタブを用いた高速カーフェリーの縦揺れ制御に関する研究
岡田昌之, 池田良穂, 片山徹
関西造船協会誌,第234号,pp.199-205, 2000.9
2000-7 Characteristics of Hydrodynamic Forces acting on Rapidly Accelerated Planing Craft from Rest(高速滑走艇の加速発進時流体力特性に関する研究)
Y.Ikeda, T.Katayama
Proc. of the 4th International Conference on Hydrodynamics, Yokohama, Japan, Vol.1, pp.235-240 (第4回国際流体力学会議論文集), 2000.9
2000-8 高速滑走艇の操縦運動時不安定運動に関する研究-周期的操縦運動によって誘起される大振幅動揺-
片山徹, 池田良穂, 奥村英晃
日本造船学会論文集,第188号,pp.155-162, 2000.11
2000-9 滑走艇の摩擦抵抗に関する一考察
林田滋D, 手島晃, 片山徹, 池田良穂
関西造船協会論文集,第235号,pp.9-14, 2001.3
2000-10 航走時の船舶の横揺れに及ぼす左右揺れの連成影響と横揺れ減衰力特性
黒田貴子D, 片山徹, 重廣律男, 池田良穂
関西造船協会論文集,第235号,pp.125-132, 2001.3

 

1999年度以前

1993-01 Roll Damping of a Sharp-Cornered Barge and Roll Control by a New Type Stabilizer (バージの横揺れ減衰力と新形式スタビライザーによる横揺れ制御)
Y. Ikeda, T. Fujiwara, T. Katayama
Proc. of the 3rd International Offshore and Polar Engineering Conference, Singapore, Vol.3, pp.634-639(第3回国際海洋極地工学会議論文集), 1993.12
1993-02 Simulation of Running Attitude and Resistance of a High-Speed Craft Using a Database of Hydrodynamic Forces Obtained by Fully Captive Model Experiments(完全拘束した模型船による流体力データベースを使った高速艇の航走姿勢と抵抗のシミュレーション)
Y.Ikeda, K.Yokomizo, J.Hamasaki, N.Umeda, T.Katayama
Proc. of the 2nd International Conference on Fast Sea Transportation, Yokohama, Japan, Vol.1, pp.583-594 (第2回高速海上輸送に関する国際会議論文集), 1993.12
1994-01 高速痩せ型船の横揺れ減衰力について
池田良穂、片山徹、長谷川祐司、瀬川正行
関西造船協会誌,第222号,pp.73-81, 1994.9
1994-02 Roll Motion Characteristics of High Speed Slender Vessels(高速痩せ型船の横揺れ特性)
Y.Ikeda, T.Katayama
Proc. of the 5th International Conference on Stability of Ship And Ocean Vehicles, Florida, USA, Vol.1, pp.1-16 (第5回船舶および海洋機器の復原性に関する国際会議論文集), 1994.11
1994-03 高速艇の性能試験に関する研究(第1報)-高速曳航試験システムの開発-
池田良穂, 片山徹D, 山下保己, 大塚耕司, 前田孝雄
関西造船協会誌,第223号,pp.43-48, 1995.3
1995-01 高速滑走艇の横不安定現象に関する実験的研究
片山徹D, 池田良穂
関西造船協会誌,第224号,pp.77-85, 1995.9
1995-02 高速艇滑走艇の縦揺れに起因する不安定横揺れに関する研究
片山徹D, 池田良穂
関西造船協会誌,第225号,pp.141-148, 1996.3
1996-01 A Study on Transverse Instability of Planing Craft at High Speed in Calm Water(高速滑走艇の平水中横不安定現象に関する研究)
T.KatayamaD, Y.Ikeda
Proc. of the 3rd Korea-Japan Joint Workshop on Ship & Marine Hydrodynamics, Taejeon, Korea, pp.117-124 (第3回船舶設計における流体力学に関する日韓合同ワークショップ論文集), 1996.7
1996-02 Roll Damping Prediction Method for a High-Speed Planing Craft(高速滑走艇の横揺れ減衰力の推定法)
T.KatayamaD, Y.Ikeda
Proc. of the 7th International Conference on Stability of Ship and Ocean Vehicles, Tasmania, Australia, B, pp.532-541 (第7回船舶および海洋機器の復原性に関する国際会議論文集), 1996.7
1996-03 高速艇の性能試験に関する研究(第2報)-超高速滑走艇シリーズ模型に働く流体力の計測-
池田良穂, 西田玄, 片山徹, 山口義則, 新名二郎, 大島健
関西造船協会誌,第225号,pp.77-84, 1996.9
1996-04 高速滑走艇の縦不安定現象に関する基礎的研究(第1報)
片山徹D, 池田良穂
関西造船協会誌,第226号,pp.127-134, 1996.9
1996-05 高速滑走艇の縦不安定現象に関する基礎的研究(第2報)
片山徹D, 池田良穂, 大塚耕司
関西造船協会誌,第227号,pp.71-78, 1997.3
1997-01 高速滑走艇の縦不安定現象に関する基礎的研究(第3報)
片山徹D, 池田良穂
関西造船協会誌,第228号,pp.149-156, 1997.9
1997-02 高速滑走艇の横揺れおよび上下揺れ減衰力の揚力成分の一推定法
池田良穂, 片山徹, 田嶋慎一郎
関西造船協会誌,第229号,pp.105-110, 1998.3
1998-01 斜航する滑走艇の艇体に働く流体力の計測
池田良穂, 奥村英晃, 新名二郎, 片山徹
関西造船協会誌, 第231号,pp.57-64, 1999.3
1999-01 高速滑走艇の発進加速性能について
片山徹, 池田良穂
日本造船学会論文集,第185号,pp.81-89, 1999.5
1999-02 Hydrodynamic Forces Acting on Porpoising Craft at High-Speed(高速航走状態でポーポイジングを生じた滑走艇に働く流体力について)
T. Katayama, Y. Ikeda
Journal of Ship and Ocean Technology, the Society of Naval Architects of Korea, Vol.3, No.2, pp.17-26(韓国船舶海洋工学会論文集), 1999.6
1999-03 PMM試験による滑走艇の操縦流体力の計測
田嶋慎一郎, 池田良穂, 片山徹, 奥村英晃
関西造船協会誌,第232号,pp.71-76, 1999.9
1999-04 超高速で航走する滑走艇の正面規則波中運動特性
片山徹, 日並貴成, 池田良穂
関西造船協会誌,, 第233号,pp.55-62, 2000.3
1997-03n STABILITY OF HIGH SPEED CRAFT
Y.Ikeda, T.Katayama
Proceedings of the 3rd International Workshop on Theoretical Advance in Ship and Practical Impact, pp.1-9, 1997
1998-02n Stability of Planing Craft in Turning Motion
Y.Ikeda, H.Okumura, T.Katayama
Proceedings of the 4th International Workshop on Theoretical Advences in Ship and Practical Impact, 1998
1998-03n Hydrodynamic Forces Acting on Porpoising Craft at High-Speed
T.Katayama, Y.Ikeda
Proceedings of the 3rd International Conference on Hydrodynamics (ICHD98), Vol.1, pp.197-202, 1998
1998-04n 高速滑走艇の縦不安定現象について
片山徹,池田良穂,大塚耕司
Proceedings of TECHNO-OCEAN’98, pp.293-296, 1998

国立情報学研究所

(注)本ページでは,PDF形式で保存された論文をご覧いただけますが,ご覧いただくためにはアクロバットリーダーが必要です.