トップページ

大阪公立大学 
海洋システム工学分野
(大阪府立大学)

Coexist
with the ocean as an engineer.

Collaborate
with the students as a partner.

「海と共に生きる。学生と共に創る。」

Coexist
with the ocean as an engineer.

Collaborate
with the students as a partner.

「海と共に生きる。学生と共に創る。」

SCROLL

News

過去のニュースを見る

Studies

  • ROV

    ROV

    深海を調査するシステムのビークル部分をさす名称で、Remotely Operated Vehicleの略である。ROVを用いることにより、ダイバーでは到達不可能な海中で、海底資源調査・各種学術調査・環境調査・生物調査・海洋土木作業・海底ケーブルや海洋設備の保守点検に係る作業等を行う。

    See details

  • AUV

    AUV

    AUV とは Autonomous Underwater Vehicle の略である。機器本体が自律的に状況を判断して水中を航行できる無人機で、人が操縦せずに全自動で水中を動ける無人ロボットである。

    See details

  • サムネイル

    高速艇

    通常の船舶より高速で航行できる船舶の一般名である。モーターボートなどに代表される、長さ10m未満で10人ぐらいまでとされている。

    See details

  • サムネイル

    自律運航船

    今後の海上輸送量の増加に伴い、今後、世界の船員需給が逼迫する見通しが示されるなど、自動運航船実現の必要性が高まっている。韓国では、民需用の自動運航船舶が建造され、実証過程を経た後、2026年頃に商用化される見通しだ。

    See details

  • サムネイル

    洋上風力発電

    エネルギー自給率が低い日本にとって、期待される再生可能エネルギー。日本沿岸は水深が深く、海底に風力タービンの基礎を組み上げる「着床式」の建設が困難な場所が多いため注目されているのが、魚釣りの浮きのように洋上に構造物を浮かべて風車を回す「浮体式洋上風力発電」システム。

    See details

  • サムネイル

    大型船舶

    総トン数20t以上の船舶を指す通称である。その日本船舶の所有者は、船舶法に基づく船舶登記・船舶登録を受けて船舶国籍証書又は仮船舶国籍証書を受け取る必要がある。また大型船舶を運航するためには海技士の免許が必要になる。

    See details

  • サムネイル

    海洋環境問題

    バラスト水問題、海洋汚染、座礁問題、石油タンカー事故問題、海洋プラスチックごみ問題など海洋の環境を取り巻く問題は様々存在する。事故や人的ミスがもたらす汚染や人間活動に伴って発生した問題など要因も1つではない。

    See details

  • サムネイル

    CFD

    数値流体力学(CFD)とは、偏微分方程式の数値解法等を駆使して水や空気などの流体の運動に関する方程式(オイラー方程式、ナビエ-ストークス方程式など)をコンピュータで解くことによって流れを観察する数値解析・シミュレーション手法。

    See details

  • サムネイル

    FEM

    Finite Element Methodの略称で日本語では「有限要素法」と訳され、「微分方程式を、近似的に解くための数値解析」の方法のこと。連続した問題解析対象を、多くの微小な要素で構成される解析要素でモデル化し、複雑な境界条件や解析対象の多様性への適合性に優れている。つまり、複雑な形状・性質を持つ物体を小部分に分割することで近似し、全体の挙動を予測しようとするもの。

    See details

もっと研究内容を見る

3 Features

日本有数の
船舶海洋工学が学べる

世界でも経済大国としてのポジションを持つ日本ですが、そんな日本の貿易の99.6%* を支えているのは、船です。

しかし、重要な役割の船舶工学系の教育コースのある大学は、全国に8つ* しかありません。
その中の1つが、ここ大阪府立大学工学域海洋システム工学課程です。
船舶工学に加えて、海洋工学や海中・海底工学、海洋環境工学の教育が充実していることも大きな特徴です。

*日本船舶海洋工学会調べ(2019年)

生きた知識が得られる
課外活動
などの
学生参加型授業が豊富

新入生歓迎学外合宿
新しく海洋システム工学課程に配属した学生に課程のことをよく理解してもらうために,配属後すぐの4月に教員全員と多くの上級生が参加する合宿を行っています。合宿を通して教員と学生、学生間の親睦を深めます。
乗船実習
神戸大学海事科学部の練習船で船舶運行の実際を体験します。普通のクルーズとは違い、ブリッジや機関室を見学することができ、毎年3年生の学生が参加しています。
海洋環境計測
海洋システム工学課程では、多くの学生、教員が参加して大阪湾などの閉鎖性海域での環境計測を継続して行っています。このフィールドワークを通して沿岸域環境の現状を知り、環境保全に対する高い意識を養います。
卒業研究発表会
4年生が1年をかけてやり遂げた卒業研究成果の発表会を行っています、全教員と下級生を含めた多くの学生が参加する発表会では、論理をわかりやすく説明することが求められます。この発表会を通して、高いプレゼンテーション能力が養われます。

教員と学生との距離が近い

海洋システム工学課程のユニークなところは、教員と学生がとても親しいところです。
チューター制度といって、海洋システム工学課程に配属した学生にはひとりひとり、教員が履修などの相談に当たっています。
さらに通常の授業カリキュラムに加えてさまざまな学生参加型の活動をおこなっています。

これらの当課程の活動を通し、教員と学生がともに学び、ともに喜びを分かち合います。

地球は、地圏、水圏、気圏、とそこで生きる生物圏から構成されるシステムと捉えることができます。

この”地球システム”の中の水圏、特に海の環境という自然を理解し、その自然を壊すことなく海を利用し豊かな人間社会に貢献するために、海という自然システムと、海を利用する人工システムを統合する学問の構築を目指しています。

受験生の方はこちら