施設・設備

  • Top
  • 施設・設備

施設・設備

船舶・海洋構造構造物の運動性能を研究する設備

 船舶の性能を調べる上で重要なのが水槽試験。実際に船を作る前に模型船でその抵抗や推進、運動性能等を調べます。模型船を台車で引っ張ったり、波や風を起こしたりすることができます。

  • 曳航水槽Tow Pool

    曳航水槽

    曳航(えいこう)水槽は、船や海洋構造物の模型を曳航電車や曳航台車によって曳航し,走行中に模型の運動や模型に働く流体力が計測する実験で使用されます。

  • 造波機Wave Maker

    造波機

    水槽(曳航水槽)の端に取り付けられた,電動〇〇型の造波機です。海洋で発生する波を再現するために用いられ、規則波や不規則波を意図的に作成することができます。

  • 送風機Wind Maker

    送風機

    送風機はモーターを回転させて空気送り出す装置です。施設外に取り付けられたモーターから送られた空気はダクトを通じて水槽の端から送風することができます。海上での気候により生じた外乱状態を再現するために用いられます。

  • 回流水槽Water tunnel

    回流水槽

    回流水槽では一方向に流れる水の中に模型を置き、流体現象を調べます。装置は水平方向に循環するように水が流れる仕組みになっており、流速を変化させることで様々な実験を行います。

  • 小型回流水槽Sub Water tunnel

    小型回流水槽

    小型の回流水槽は垂直循環型となっており、小さな模型を観察するのに優れています。

構造物の耐久性能を研究する設備

 様々な材料・構造物の強度を調べることが出来る設備が整っています。

  • オートグラフ
    (25t)Auto Graph

    オートグラフ

    応力制御やひずみ制御を行いながら物体に力を加え、その時の『加えた力の大きさ』と『変形量』の関係から物体の特性を調べます。物体の特性を知ることで様々な形状の船舶構造に応用することができます。

  • 卓上型精密引張り試験機Desktop Precision Tensile Tester

    卓上型精密引張り試験機

    卓上型精密引張り試験機は小容量の強度評価を行うための装置です。必要な機能を小型化し集約された材料試験機です。

  • 万能試験機
    (30t)Testing Machine

    万能試験機

    万能試験機では30tまでの荷重を材料にかけることができ、鍛造、プレス、圧入等加工用に荷重と変位(歪)関係の測定が行えます。

  • 高速三次元形状計測装置High-speed 3D Shape Measuring Dvice

    高速三次元形状計測装置

    測定対象物表面の断面形状、表面粗さ、表面積、体積などの表面解析により形状測定をおこないます。3D解析ソフトを用いて3Dグラフィックを描画し設計や研究に役立てています。