NAPA Virtual Seminar Japan 2021(12月2日)で「NAPAを活用した海事教育の取り組み」について講演

  • Top
  • News
  • NAPA Virtual Seminar Japan 2021(12月2日)で「NAPAを活用した海事教育の取り組み」について講演

2021.12.02 更新

NAPA Virtual Seminar Japan 2021(12月2日)で「NAPAを活用した海事教育の取り組み」について講演

News サムネイル

生島先生によりNAPA Virtual Seminar Japan 2021(12月2日)で「NAPAを活用した海事教育の取り組み」について講演が行われます。

https://www.napa.fi/ja/napa_virtual_seminar_japan_2021/

  • facebook
  • twitter
  • instagram

この記事の編集者

教員 写真

生島研究室 / 生島 一樹

日本の輸出入の大半は船舶によってなされていて、実は生活に大きくかかわっています。そんな船舶の安全性を確保するために、コンピューターを使用して構造物の強度をシミュレーションする研究を行っています。新しいシミュレーション技術や、より安全で高効率な構造について一緒に考えていきましょう。

専門分野
  • 船体構造力学
  • 非線形構造解析学
  • 数値計算
研究室

生島研究室

関連研究室

  • 生島研究室

    生島主任

    研究室 イメージ

    当研究室では、構造解析技術の開発を中心に研究活動を行っています。非線形大規模構造解析手法の開発、鋼構造物の強度評価や構造解析手法の高度化など、研究室が有する独自の大規模構造解析手法である理想化陽解法FEMをベースに研究開発を行っており、市販の構造解析ソフトでは難しい問題の解析が可能です。

    See details