洋上風力発電

洋上風力発電

洋上風力発電

エネルギー自給率が低い日本にとって、期待される再生可能エネルギー。日本沿岸は水深が深く、海底に風力タービンの基礎を組み上げる「着床式」の建設が困難な場所が多いため注目されているのが、魚釣りの浮きのように洋上に構造物を浮かべて風車を回す「浮体式洋上風力発電」システム。

  • facebook
  • twitter

関連する研究

  • 洋上風力発電

    垂直軸型浮体式洋上風力発電システムの空力-水力-弾性連成挙動と制御方策の解明

    垂直軸型浮体式洋上風力発電システムを対象とした空力-水力-弾性-制御連成解析モデルを構築し、数値解析を通してその連成挙動を解明する。さらに,風速や波高の不規則変動下での発電性能および疲労荷重特性を向上させる制御方策を確立することで、垂直軸型浮体式風力発電システムの導入可能性を高めるための基礎的かつ学術的な知見を得ることを目的としている。

    • #浮体式洋上風力
    • #風力発電
    • #垂直軸型風力タービン
    • #浮体式洋上風力発電
    • #洋上風力発電
    • #連成解析
    • #垂直軸型風車
    • #制御

    もっと見る

  • 洋上風力発電

    浮体式洋上風力発電システムの多目的最適制御による浮体動揺と発電出力変動の安定化

    浮体式洋上風力発電システムにおいて、トレードオフ関係にある発電出力の変動と浮体動揺を同時に抑制しうるシステムの多目的最適制御手法を開発した。まず、従来手法の改良として、翼ピッチ角操作による回転数制御系における制御パラメータの新たな調整指針を提案し、その有効性を明らかにした。さらに、浮体式システムを多入力多出力システムと捉え、翼ピッチ角の操作により定格発電出力を保持するだけでなく、発電機トルクの操作により浮体動揺を抑制する手法を開発した。数値シミュレーションを通して、開発手法の制御パラメータを適切に設定することで、従来の手法に比べて発電出力の変動と浮体動揺を大幅に低減できることを明らかにした。

    • #洋上風力発電
    • #浮体式洋上風力発電
    • #多目的制御
    • #最適制御
    • #再生可能エネルギー
    • #風力タービン
    • #動特性解析
    • #風力発電
    • #洋上風力

    もっと見る

  • 洋上風力発電

    二重反転垂直軸タービンを用いた浮体式洋上風力発電システムの連成解析による基礎検討

    風力発電の普及促進を図るために、二重反転型垂直軸タービンを用いた浮体式洋上風力発電システムの開発を念頭に置いた空力-弾性-制御連成解析モデルの開発を行った。開発の第1段階として直線翼垂直軸型風力タービンを用いた陸上設置式システムの乱流変動風況下での連成挙動の解明を行った。これより、二重反転垂直軸型タービンを設計する際の有益な知見を得ることを目的とした。数値解析を通して、高風速下では回転周波数の翼枚数倍の変動がタービントルクに大きく現れ、弾性振動や荷重変動に大きな影響を及ぼすことを明らかにした。

    • #浮体式洋上風力発電
    • #洋上風力発電
    • #垂直軸型風力タービン
    • #連成解析
    • #空力連成解析
    • #空力解析

    もっと見る