Topics

一覧を見る

本研究室留学生による講義

2022/6/22の学部4年生を対象とした「海洋科学技術英語」の授業で,本研究室のトルコからの留学生であるハサンさんに講義をしてもらいました。英語の上達には実践することが重要であること, 具体的な実践方法をレクチャーして…

» 続きを読む

OMAE2022

2022年6月5日~10日に,OMAE2022が開催されました。本研究室からは,山本裕介(D3):Motion Performance of Miniaturized Spar-Buoy With Ring-Fin Mo…

» 続きを読む

片山研究室

一覧を見る

片山研究室とは(What’s Katayama Labo.)

目標と研究内容(Research Motivation & Subject)
安全・快適かつ環境負荷の小さく、誰もが安心して利用できる船舶・海洋資源開発機器の設計・開発ならびに性能向上の支援を目標とし、以下の研究活動を行っています。
  • 運動性能および流力性能評価のための実験装置&解析法の開発
  • 運動性能および流力性能を予測・推定する方法の開発(運動や流体力の発生メカニズムの解明および数学モデルの構築、コンピュータシミュレーション&評価法の開発)
  • 開発した性能評価手法に基づく性能最適化(性能向上指針の提案、性能評価に基づく最適使用法の提案、目的に合わせた性能最適設計、性能向上装置の開発)

 

船舶試験水槽の歴史

一覧を見る

最近の実験

一覧を見る